Win8のテストベッドにすべく、動かなくなっていた旧メインPC(Core2 Duo)を復活させてみました。

テストベッドについては前回の記事を参照。
Windows8 CP の仮想ストレージを試す その1

交換したパーツはマザーボード。おまけでCPUに塗る熱伝導グリス。

グリスはダイアモンドグリスなる高熱伝導を謳うモノ。いかほどかはよくわからないけどw モノはためしと買ってみました。

マザーが ASRock の「G31M-GS R2.0」3,980円 。グリスは INNOVATION COOLING の「ダイアモンド7カラット熱伝導グリス」1,380円。

 

マザーはオーバークロッカー向け変態マザーメーカーで有名(?)なASRockのLGA775マザー。チップセットはIntelのG31・・・かな?
4シリーズチップセットになるとメモリーがDDR3になってしまうのでこちらを選択。

LGA775マザーはもうほとんど選択肢が無いので、そこそこ信頼性があって安いマザーといことでコレを選択。

拡張スロットは一通りそろっているので特に問題なしなのです。

 

グリスは銀に比べて5倍の熱伝導率で、電気伝導無しということで買ってみた。
爆熱CPUじゃないので、目に見えてわかるほど効果出るような環境じゃないんだけどw

質感は油粘土っぽい感じ?

容量は1.5g。何回分なんざんしょ。グリス自体滅多に買わないので、利用可能回数がわからぬw

 

以上2品を新潟で唯一のドスパラの店舗で購入。

これを組み込んで、動かないよどーなんてんの!とか、動けーーーーーーー!とか心の中で叫びながら2時間くらい四苦八苦。

メモリーを変えたりCPUを変えたり、グラフィックカード追加したり、フロントピンを個別に抜き差ししてやっと動くようになりました。

原因はメモリーの接触不良。いやはや。

で、HDDを接続してOSをインスコ。仮組状態へ。

ケーブルがごっちゃごちゃですw

全ての動作を確認したのち、ケースへ収納。

こんなんなりましたー。

一部ケーブルがケースに収まりきらずはみ出してますが、そのまんまでw

サイドパネルは閉じません。このままです。

 

消費電力はアイドル時で約50W。HDDが停止すると40Wくらいに。
これをテストベッドとして暫くWindows8CP版の仮想ストレージ機能の運用中です。


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ