KDL-40HX720 および KDL-32EX720 に関する共通の使用感です。

画質に関しては、特に記述するような悪い点も良い点も無かったので、実際に店頭で見てもらうのが一番かと。
画質補正の機能に関しては好みの部分もあるので、可能なら店員にお願いしていじらせてもらう事をお勧めします。
画質にこだわりがなければ、真っ当に見れるレベルなので、気にする必要はないかも。

ちなみに、ブロックノイズやモスキートノイズは地デジの仕様です。
これらを軽減、補正するのが画質補正機能なので注意。

BDなど、元々高画質なものは高画質で表示されますので、そこらへんは心配ありませんw

ちなみに、画面の表面加工は下記の通り。
KDL-40HX720:グレア(光沢)
KDL-32EX720:ハーフノングレア(半光沢)ノングレアよりは光沢寄り

と、前置きが長くなりましたが使い勝手に関して云々を。

まずは悪い点。

・電源を入れてから操作が可能になるまで時間がかかる。
5秒くらい入力を受け付けません。
10秒くらい目までは入力がもたつきます。反応が悪いです。
15秒くらいで安定。
各種機能を初期化(ローディング)しているのでしょうか?

ここらへんはデジタル家電共通の仕様ですね。

・番組表(一覧モード)が見づらい。
10分くらいの番組はタイトルが1行しか表示されません。
別ウインドウで「タイトル」「放送時間」「ジャンル」くらいは表示して欲しいです。

・番組表(番組説明)を表示している時にバックで表示されている映像が消える。
番組一覧上で決定ボタンを押すことで番組説明が表示されますが、1~2秒くらいのロード時間後に表示されます。
待ち時間がちょっと長いような気がしますが、それよりも解せないのが表示中の番組映像が消えて黒バックになること。
蓄積した番組情報を表示しているだけじゃないん?

良い点。

・すぐに画面が付く。
電源入れて2秒くらいで画面が表示されます。

・チャンネル切り替えが比較的早い。
2秒くらいです。
もっとも、近年のTVはみんなこのくらいっぽいですが。

・リモコンが電波式。
赤外線ではないので、TVの方にリモコンを向ける必要もありませんし、途中に障害物があっても大丈夫です。
距離は室内なら無問題です。
流石に壁は無理っぽいですがw

なお、TVとリモコンはペアリングされているので、他のTVに対しては使えません。
※再ペアリングができるかは調べてないです(´・ω・`)

・リモコンの裏側にも電源ボタンがついている。
表の電源ボタンは上、裏の電源ボタンは下よりちょっと上についています。
リモコンの下側を持っている時に、中指で押せるポジションで、慣れると電源切るときに便利。

・横方向にスイングできる。
数度ですが、意外と便利。

細かい機能はSonyのホームページから説明書をダウンロードできるので是非一読を。

□Sonyホームページ
http://www.sony.co.jp/

□BRAVIAシリーズ製品ページ
http://www.sony.jp/bravia/

□製品ページ
http://www.sony.jp/bravia/products/KDL-32EX720/index.html
http://www.sony.jp/bravia/products/KDL-40HX720/index.html


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ