さて、今回は元IT技術者(&エロゲープログラマー)的に少し真面目にWindows8について自称文化人っぽく語ってみようかと思ふ。
いや、お前文化人ちゃうという突っ込みはナシで。ナシでお願いします。…ごめんさない突っ込んでほしいです。かまってちゃんです。

!win8logo_20120229130449.png

Microsoftの次期OSであるところのWindows8に期待する(実装してほしい)トコロは下記の4つ。
ただし、現状よりパフォーマンスが悪化していないことを前提としてますよー?

1.タブレットPCにおけるMetroUIアプリの利便性
2.より高度な省エネ機能
3.アプリケーションの互換性
4.仮想ストレージの利便性

具体的な内容は下記の通り。

1.タブレットPCにおけるMetroUIアプリの利便性

従来のUIではタッチ操作に向かないので、ペンの補助なく指だけでお手軽操作ができるようにしてもらいたい。
現状のタッチ操作はマウスのエミュレートレベルなので、小さいボタンやコントロールを操作しにくいです。
指がボタンに触れていても、マウスとしての座標がボタン内に無ければ押されたことにはならないのです。
まあ、ぶっちゃけ、iPadやAndroidタブレットのように操作できたら良いなというだけです。
これについてはプレビュー版で動作確認済みなので特に言うことは無いですが、あえて一つ言うなら、もっと手軽に手動でアプリ終了できる手段を用意してもらいたいなと。
現状ではMetroアプリは、手動でプロセスを終了するにはタスクマネージャーを使用しなければならず、標準的な終了手段はOSがガベージコレクションよろしく「このアプリは使用されなくなった」と判断されるまでアプリのプロセスが終了しないのが(停止はしますが)ちょっと気になるのです。
まあ、十分なメモリーを積んだPCや、インターネットやメール閲覧程度であればそこらへん気にならないでしょうが。

・参考リンク
TouTubu Windows8 プレビュー版デモ

2.より高度な省エネ機能

電気代が上がるので、これは必須ですね。少しでも楽に節電したいというわけです。
実質、PCがフル稼働する時間はPCの利用時間よりも圧倒的に短いです。
アイドル時にムダな電力を省ければ、その分、使用電力量が減り、電気代も浮くというわけです。
これにはソフトウェアだけではなく、ハードウェアからのアプローチも必要になるので、ハードウェアベンダーに省エネ機能を持たせやすい仕組みを用意してもらいたいのというのもあります。
実際にWindows7はWindowsXPやVistaよりも最適化されていてCPU使用率が減ったのか、アイドル時の消費電力は減っています。
Windows8でもさらに省エネ化を期待したいところです。

・参考リンク
アプリケーションの電力効率を向上させる

3.アプリケーションの互換性

まあ、フツーに欲しい機能ですよね。
いつまでもレガシーアプリを使い続けるのも良くないですが、ビジネス系はともかくゲーム系(オンラインを除く)は基本修正はあってもバージョンアップなんてないのでここらへんの互換性は必要かと。
互換性を維持するのがどんだけ面倒なのかはわかりますがw

4.仮想ストレージの利便性

私にとって一番のキモです。
複数の物理ストレージ(SSDやHDD)を接続している環境では、どのストレージにどのデータがあるかとか、容量が足りなくなった際の別のストレージへのデータ移行。1ストレージ内には収まりきらないフォルダ(特にムービー、録画用)などを複数のストレージに分割しなければならなくなったりして管理が面倒、等々。
これを解決してくれるのが仮想ストレージ機能です。
これによって物理ストレージ個別の容量を気にすることなく複数の物理ストレージを見かけ上1つのドライブにしてくれます。

RAID使えばいいんじゃね? という意見もあると思いますが、RAIDはRAIDでクセモノです。
RAIDは基本的に同容量、同タイプの物理ストレージを使用することを前提としているので、物理ストレージ1個だけ容量増やすとかできないんです。
アレイ全体の容量を増やすには全ての物理ストレージを交換するのが前提です。

Windows8ではStorageSpaceという機能で標準実装されるそうですが、これは物理ストレージの容量、種類が複数混在していても全容量を使用して運用できるように設計されているそうです。

WindowsHomeServerにも仮想ストレージ機能としてDriveExtenderというモノがありましたが、あれはある意味最悪なモノでした。
物理ストレージを単体でも別のPCで認識できるように標準のフォーマットと互換性を持たせたために1ファイルは必ず1ストレージ内に収められる仕組みになっており、録画用のストレージとして使用すると、見かけ上は空き容量はあるのに、実際には途中で容量不足になって録画に失敗することがあったり、また、接続されている物理ストレージの各使用容量を自動的に平均化しようとするため、何もしていない時などに頻繁にストレージにアクセスが発生してPC全体に常時負荷をかけるような状況になっていました。普通はHDDを使うでしょうから、しょっちゅうガリガリいいます。
見かけ上10GB空いていても、録画対象の物理ストレージは1GBしか空いてない状況で録画をすると、録画ファイルが1GBを超えてしまうとそれ以上録画できないことになります。

Windows8のStorageSpaceではこのような事がないようにしてもらいたいものです。

ちなみに独自の機能でそれを実現しているNASもありますが、ちょっとお値段が高いです。
しかし、お値段相応にかなり便利そうなので狙ってます。
私が無職でなければ速攻で(ry

・参考リンク
ストレージを仮想化して、スケーラビリティ、復元性、効率性を高める
TS-859 Pro+ Turbo NAS

—-

以上が私がWindows8に期待する(実装してほしい)トコロです。

それ以外にも細かいところがありますが、それは些末なことです。
役所なんかのお堅い所で使うわけではないのでw

ちなみに、今回も例によって複数のエディションが発売されると思いますが、私はWindows7でいうところのHomePremiumとProfessionalに相当すものを購入する予定です。
Ultimetはいりません。コンシューマー用に分類されて延長サポートが短いくせに、ムダな機能があってムダに値段が高いのでw
アップグレードは「タブレットPC」→「録画鯖」→「メインPC」の順番になるかな、と。
メインPCについてはWindows8にする恩恵がほとんど無いので。
っていうか、MetroUIはマルチモニターに対応してるのん?

PS.
某所での事前評価w
Win8評価AA

なんにせよ、私はWindows8を購入する予定です。
新しいもの好きとか、イノベーション的なとか。
長らくXPで凝り固まった老害にはなりたくないのでw
Meみたく居ない子になったとしても私はWindows8を購入しますヨ?

事、PCにおいてはOSは新しいビジネスチャンスをもたらしてくれる重要なモノです。
最悪、Meみないな子にならないことを祈ってます。

最後に。
Windows8に関するより細かい情報はここを見るといいいかも

Windows エンジニアリング チームによるブログ

追記。
Windowsに関してはx86系は3.1から。NT系はNT4.0から全部使ってます(`・ω・´)キリッ
ただし、サーバー系は除く
DOSはエロゲー目的のために少し触った程度ですがw

追記その2。
あ、そういえば、今日一般向けプレビュー版公開日だっけ。
ダウンロードはできるのかにゃ?


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ