iPhone4S

いろいろと切りつめないといけない時期が差し迫ってきているから、手持ちのあいぽんを格安SIM(MVNO)で使いたいなーと思った次第。

基本的にスマホは解約するとデータ通信はもとよりGPSも使えなくなってしまうからカーナビ代わりに使ったり、出先でちょちょいと情報検索する時には困っちゃうのよね。
※iPhone3GSでGPS使えるの確認しました。機種変による解約状態のSIM入りです。
※GPSが使えれば、オフライン地図使えまふ。

 

別個にガラケー持ってるけど、これは電話専用の扱い。

というのも、長い待機時間が必要だから。スマホだと待機だけで3日持たなかったりしてうっかり充電忘れとかするしね。

モバブみたいなUSB充電器持ってればいいけど、これまた持ち忘れが多い困ったチャンな私は、電話とデータ通信端末は別けておきたいわけよー(´・ω・`)

 

という事を、下記の記事を見て思い出したから、ついでに何か書いてみようかなーって。

 

Yahoo JAPAN:必要な時だけ安くスマホで通信を使える? 賢いMVNO活用術とサービスの選び方

以下、引用:

「MVNO」という言葉を聞いたことがあるだろうか。そんな言葉は知らないという人でも、実は身近なところにMVNOを活用したサービスが存在するものだ。どういうサービスなのかを理解してうまく利用すると、スマートフォンをお得に使えるようになったりもする。

「MVNO」は「Mobile Virtual Network Operator」の略だ。そのまま日本語に訳すと「仮想移動体通信事業者」となる。要するに自社でモバイル通信のネットワーク設備などを持っていないのに、通信サービスを提供している事業者ということだ。

 具体的には、日本の場合、NTTドコモやソフトバンクモバイルといった大手通信キャリアの回線を一部買い上げて、オリジナルのパッケージをつくって販売するかたちになる。

 日本で身近なのは、ソフトバンクモバイルの回線を利用してオリジナルのスマートフォン等を販売している「ディズニーモバイル」と、ドコモの回線を利用して手持ちのスマートフォンやタブレットに、特別なSIMカード(通信用のカード)を挿入して使うことでお得になるサービスを提供している、日本通信の「b-mobile」だろう。(http://www.bmobile.ne.jp/index.html)

 このほかにも、イオンで販売している「イオンSIM」やビックカメラの「BIC LTE SERVICE」など、意外と身近なところにMVNOサービスがある。(http://www.bmobile.ne.jp/aeon/)

 

で、今の所SoftBank製品で使えるMVNOはほとんど無いっぽいわね。

つーか、SIMロックあいぽんは全滅?

 

b-mobile:動作確認端末一覧

 

SoftBankで正式にSIMロック外すオプションあるけど、これにもあいぽんが無い。まいった。

 

SoftBank:SIMロック解除のお手続き

 

ううむ、一度docomoにMNPしてからそっち方面に移行した方がいいかしら。

テザリング機能付きの適当な安いスマホで…。

 

 


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ