何がヤバイって多様性がアレでアレしてウェブデザイナー死亡フラグがまた増えたという感じのアレなんだけども、それは利用者からすればどうでも良い話ね。うん。

 

それは良いとして、IE(6~9)でGoogleの一部サービスを利用する際に必須となっている事がまたヤバイ感じがするのよ。
※何かきな臭い物を感じずにはいられないわ

これをインスコする理由になったのが Google Cloud Strage が IE に対応してなくてほぼ強制インスコだったからなんだけど、IEが完全にdisられてるっていうか、IEが不甲斐ないというか…。
※使ってるアプリケーションの仕様上の理由からIEを主に使っている私としては先行き不安かも

 

ちなみにこのプラグイン。IEのレンダリングエンジンをChromeのものに切り替えるんだけど、完全に置き換えるわけではなく、特定の条件でもってモードを切り替えるらしいわ。

その条件は下記のいずれかを満たしている場合みたいね。

・ヘッダに次のタグがある <meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”chrome=1″>
・HTML5のタグが使用されている

 

それと、このプラグインがインストールされていると User Agent に CromeFrame に関する情報が追加されるわ。
↓の太字の部分がソレね。

・Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0; chromeframe/24.0.1312.52)

 

 

目下コレといって困る事も無く、むしろ今までIEで不具合起こしてたページが安定して嬉しい限りだけど、ChromeFrameで表示されてる時は右クリックのメニューもChromeになってしまうのがちょっと残念。

どっぷりIEに依存してるから、右クリックメニューに登録してある各種プラグインが使えなくなってしまうのよ。
※特に指紋認証ツールが使えなくなっちゃうと困る。激しく困る。今の所問題は出てないけど

 

なーんかこう、モヤモヤとして落ち着かないというか、デファクトスタンダードが無くなってプラグイン作ってるベンダーの対応がブラウザーごとにアレコレしそうな感じが先行きの不安さを感じさせてくれるわー。

 

 

■参考サイト

IT-Walker on hatena : IEをHTML5対応にするプラグイン、Google Chrome Frameを試してみた

ITmedia ニュース : Microsoft、IEを「Chrome化」するGoogleプラグインを非難

Wikipedia : Google Chrome Frame


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ