リモートデスクトップの方がセキュアだし、Windows8だし(?)、そろそろ使い始めた方が良いかなーと思ってちょっと前まで使っていたのだけども、やっぱりというかお約束というか、セキュリティ的なアレでいくつか使い物にならない場面があったのでここに記します。

 

1.リモートデスクトップを切断すると、リモートホストがロック状態になってしまう

いわゆるログイン画面が表示されるアレです。

多分、レジストリをいじれば回避できそうですが、方法がわかりませぬ。

ぷりーず ぎぶ みー のう はう。

 

2.スマートカードデバイスが切断されてしまう

スマートカードリーダーとかのアレです。

切断されちゃうとアクセスできないのでスマートカード使ったアレができなくなります。

多分、レジストリをいじれば回避できそうですが、方法がわかりませぬ。

ぷりーず ぎぶ みー のう はう。

 

3.Genie Timeline がエラーを起こす

愛用のバックアップソフトがリモート接続および解除時をトリガーにしてバックアップ機能がエラー吐くようになります。

セキュリティ上の仕様との相性かと思われるのですが、一度エラー起こすと本体から操作しない限り復帰してくれません。

すごく困ります。

 

以上。

そういうわけで、結局VNC使ってリモート制御することになってしまうというオチでした。

ふぁっく。

 

今回はこれでおしまい。

ご静聴ありがとうございました。


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ