というよりは憧れですが。

仕事上Adobe製品を使う事が多かったので、余計に、みたいな?

でもメジャーどころの製品しか名前覚えてなかったので、備忘録的に簡単にまとめてみようかな、と。

 

 

※名前が太字のものはマスコレに入ってます。
※投稿時現在の構成です。
※エディションは省いてます。
※基本的に全部プロフェッショナル向けなので、そこらへんは割愛(笑
※主観入りまくりかもしれません。
 

Photoshop(ふぉとしょっぷ)
フォトレタッチソフト。
写真加工(シミ、シワの除去、色調整) 、イラストレーションなど、画像に関するあらゆる仕事に使えるソフト。
基本的にラスター画像を扱うのですが、ベクトル画像も使えます。
高解像度の画像を扱う時はメモリーを大量に必要とします。16GBじゃ足りないこともあります。
アプリ本体は32bit/64bitネイティブ。

 

Illustrator(いらすとれーたー)
ベクトル画像編集ソフト 。
ロゴ、広告作成など、解像度に依存しない画像に関するあらゆる仕事に 使えるソフト。
ラスター画像も扱えますが、編集は無理っぽい?
基本的に1ページ単位での編集。複数ページの場合はInDesignを。
アプリ本体は32bit/64bitネイティブ。

 

InDesign(いん・でざいん)
DTPソフト。
広告、出版物制作用。組版、レイアウトに関するあらゆる仕事にも使えるソフト。DTP的にはこっちが本命。
基本的にベクトル画像です。ラスター画像も扱えますが、編集は無理っぽい?
PhotoshopやIllustratorほど高度な画像編集機能はありませぬ。
アプリ本体は32bit。

 

Acrobat(あくろばっと)
AiやIdで存在が薄くなってる感がありますが、pdfファイル作成の本家。
pdf編集用です。pdfに関する全ての編集ができます。
高度な画像編集機能はありませぬ。
アプリ本体は32bit。

 

Flash(ふらっしゅ)
Flashファイル作るためのソフト。
インタラクティブでリッチなコンテンツが作れます。
ベクトル画像の編集機能はありますがIllustratorほどではなく、かつFlashアニメーション用なので独特です。
画像などのリソースの編集機能は基本的にありません。
アプリ本体は32bit。

 

Flash Builder(ふらっしゅ・びるだー)
スマホとかWeb用のアプリケーションを作成するためのソフト。
Flexフレームワークを使用。Air対応ソフトを作るのにも使用。
Eclipseベースらしい。
アプリ本体は32bit。

 

Dreamweaver(どりーむうぃーばー)
ホームページ作成ソフト。
HTMLやJavaScript、PHPの編集やテスト、サイト管理、FTP機能もあります。
アプリ本体は32bit。

 

Fireworks(ふぁいやーわーくす)
Web向け画像レイアウトソフト。
レイアウト機能に関してはDreamweaverより高度っぽいです。
画像からCSS作成もできるとか。
アプリ本体は32bit。

 

Premiere(ぷれみあ)
動画編集ソフト。
いわゆるノンリニアビデオ編集向け。
動画を切ったり貼ったり繋げたり、効果音入れたりとか。
Photoshop以上にメモリーいっぱい使います。
アプリ本体は64bit。64bit OSでのみ使用できます。

 

After Effects(あふたーえふぇくと/あふたーえふぇくつ)
動画作成ソフト。
ビジュアルエフェクト、モーショングラフィックス向け。
初音ミクのPV作成とかに良く使われるらしい。
Photoshop以上にメモリーいっぱい使います。
アプリ本体は64bit。64bit OSでのみ使用できます。

 

Audition(おーでぃしょん)
音声波形編集ソフト。いわゆるDAWソフト。
音にエフェクトかけたり合成したり。多機能。
効果音とかも作れます。
音痴な歌もまともな音程に修正できるとかできないとか。
アプリ本体は32bit。

 

SpeedGrade(すぴーど・ぐれーど)
画像、動画に対して色補正するソフト。
アプリ本体は64bit。 64bit OSでのみ使用できます。

 

Prelude(ぷれりゅーど)
映像制作マネジメントソフト?
素材管理もできる。
基本的に他のAdobe製品と連携。
アプリ本体は64bit。64bit OSでのみ使用できます。

 

Encore(あんこーる)
DVD、Blu-rayオーサリングソフト。
基本的に他のAdobe製品と連携。
Premiere付属品。
アプリ本体は64bit。64bit OSでのみ使用できます。

 

Bridge(ぶりっじ)
ファイラー。
Adobe製品の全てのフォーマットに対応。
基本的に他のAdobe製品と連携。
ほとんどのAdobe製品に付属してるっぽい。
アプリ本体は32bit/64bitネイティブ。

 

Media Encoder(めでぃあ・えんこーだー)
Premiere、After Effectsのムービーをバッチエンコードするためのソフト。
上記ソフトに付属。
アプリ本体は64bit。64bit OSでのみ使用できます。

 

ExtendScript Toolkit(えくすてんでっど・すくりぷと・つーるきっと)
JavaScriptを使用してAdobe製品用のスクリプトを作成するためのツール。
一通りデバッグ機能あります。
ほとんどのAdobe製品に付属してるっぽい。
アプリ本体は32bit。

 

Extension Manager(えくすてんしょん・まねーじゃー)
拡張機能の新規インストール、管理用ソフト。
ほとんどのAdobe製品に付属してるっぽい。
アプリ本体は32bit。

 

■Photoshop Lightroom(ふぉとしょっぷ・らいとるーむ)
RAW写真データの現像、色補正、ファイル管理ソフト。
RAW現像機能はPhotoshop付属の機能より上。
簡易ビデオ編集機能もあるっぽい。
アプリ本体は64bitっぽい。

 

■Elements(えれめんつ)
機能制限廉価版。初心者向け。
Photoshop Elements、Premiere Elementsの2種類がある。
Organizerという 画像・動画管理ソフト付き。
アプリ本体は32bit。

 

以上。

他にも謎ソフトありますが、 主な製品はこんなトコロでしょうか。

基本的に、各ソフトにAdobe製品群のファイルインポート・エクスポート機能、簡易編集機能が付いていますが、高度な編集にはそれぞれ専用ソフトが必要です。特にかぶりやすいのが画像編集関係っぽいです。


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ