細かいレビューはまた今度にでも(汗

 

箱大きいですw
上に載ってるは本件とは全く関係ないLANケーブルでござい。

輸送用の箱をオープン。

サイズ比較用にiPhone3GSを置いてみました。

すごく…大きいです。

本体はベロア生地っぽい高級感あふれる布で包まれた入れものに収まっていますw

すごく林檎臭あふれるクールなパッケージw

マニュアル類の入っている箱をどかすと Tab-Mate Controller と QUMARION 本体用の USB ケーブルが。

ちなみに、ディスクの類は一切入ってません。関係ソフトは付属のプロダクトコードを使用してCLIPのサイトからダウンロードする必要があります。

ドライバーについては本体に内蔵されているので、USBケーブルをつなげれば自動的に入ります。

接続するPC側のポートはマザーボード上の方が無難ですね、ハブ経由の場合はドライバーがインストールされないことがあります。

ちょっと見辛いですが、CLIP STUDIO ACTION でポージング。
※写真はクーラー付き待避先の部屋に設置したスレートPCを使用。

MMD用のアペンドミクさんをpmx形式からc2fr形式に変換してポージング!
※この写真はクーラー故障中の自室のメインPCを使用。

 

こういうガジェット大好きな私はニヨニヨでゴキゲンですわーw

※しかし、現在自室のクーラー故障中につきパワー出ずヽ(;´Д`)ノ

 

今の所、万能とまではいかないまでも人型入力デバイスとしては中々良い感じに思えます。

関節の可動範囲は思っていた以上に広い部分もあれば、狭い部分、ちょっと動かし辛い部分などがありますが、癖がわかればマウスでちまちまポージングしていたころより格段にスムーズに作業が進められること請け合いかと。

 

■公式ホームページ
http://www.clip-studio.com/quma/ 


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ