そーす↓ 毎日jp
http://mainichi.jp/select/news/20120519k0000m040137000c.html 

 

以下、引用。

B−CAS:有料テレビを不正視聴 ネットに書き換え方法

毎日新聞 2012年05月19日 02時30分(最終更新 05月19日 08時54分)

 

 

B−CASカード

 

B−CASカード

 

テレビの有料番組を受信したり、番組の不正コピー防止に使われている「B−CASカード」のデータを書き換え、放送事業者に金を払わずに有料番組を視聴できる方法が、インターネットで出回っていることが分かった。総務省は「コンテンツ保護の観点から由々しき事態。B−CASシステムの改廃につながりかねない問題」として調査に乗り出した。

 

いつかはくると思っていましたが(おきまりのセリフ)ついに中身がバレてしまったようですね。

総務省が動いたということはなかり表立った事のようですが、この記事を見て方法を調べる人が続出しそうな予感(おきまりのセリフ)

 

それにしても可哀そうなのが家電メーカーですよ。

コストかけて暗号化がバレないようにして審査通してやっとB-CASカードを受諾できているというのに、それを水泡に帰すような状態になっているわけで。

B-CASさんはそれでウマウマしているわけで。

ある意味、B-CASさんのウマウマのツケが来たという感じも無きにしもあらず。

 

さて、どうするB-CAS。

 

ちなみに、私は有料放送は見ていないので草葉の陰で見守っています(´д`)


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ