前回の記事はこちら

 

今回は1ヶ月以上使用してみての感想です。

 

現状のところ、晴れの日が続いているというのと、iPhone4Sをあまり使用していない状態が続いているので、毎日充電できています。

ここ最近はソーラー用バッテリーの充電率が70%以上からiPhone4Sのバッテリー残量80%台への充電を繰り返している状態です。

運用レポートはこちら(別ウィンドウ)

 

大容量バッテリーに換えたので、余裕をもって常に充電と放電を行えるので、ソーラー発電した電気を無駄なく運用できている感じがします。

 

しかし、対費用効果としては、完全にマイナスで、おそらく設備費用を回収することはできないかと思われます。

といっても、設備投資、発電力、消費電力、メンテナンス費用などの基本的な金額だけを見ればの話です。

災害時の損害などを加味するとひょっとしたらプラスになるかもしれませんw

ここらへんに関しては、私は(一部でも)原発に頼ってないぞ~という自己満足の世界と、非常用電源という付加価値もあるので、個人的には満足してますけどw

 

気が向いたらコストを真面目に計算してみますヽ(=´ω`=)/


↓ランキングに参加してます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ